物販ビジネスの副産物であるクレジットカードのポイントを有効に活用するには!


 

物販ビジネスをする上で、クレジットカードを仕入れて販売するので、クレジットカードのポイントが非常に貯まります。

 

私も一ヶ月に500~600万円分ぐらいの仕入れを数をするので、ポイントが非常に貯まります。

 

このポイントは、使うクレジットカードによって、ポイント還元率が変わってくるのですが、大体100円1ポイントの還元率のクレジットカードが多いです。

 

なので、私だと1ヶ月に500~600万円の仕入れを起こすので、1ヶ月に約5~6万ポイント貯まるのです。

 

案外このクレジットカードで貯まったポイントの使い方を知らない人が多いのですが、実は私たちの生活に非常に役立てることがたくさんあります。

 

この貯まったポイントを私はどのように有効活用しているのかを説明していきます。

 

ポイントをマイルに交換して航空券にする

 

私の場合、よくやるのは貯まったポイントをマイルに交換して旅行に行ったりしています。

 

ポイント→マイル→航空券に交換することができるのでタダで飛行機に乗ることができます。

 

大体、ハワイに行くのに1人往復で40000マイル(=40000ポイント)があればいけるのです。

 

もちろん海外だけでなく国内線の搭乗も可能です。

 

東京〜沖縄だと、15000マイルで行けます!

 

このようにポイントをマイルに交換して旅行に行く方法がございます。

 

ポイントをギフト券に交換する

 

次に、貯まったポイントをギフト券に交換して使うことができます。

 

このギフト券とは、Amazonギフト券や百貨店のギフト券、その他小売店のお店のギフト券に変更することができます。

 

小売店以外にもモスバーガーやいきなりステーキ等の飲食店やダンディハウス等のエステのギフト券に交換することが可能です。

 

私がよくやっているのは、貯まったポイントをAmazonギフト券に変更して、Amazonで事務用品や家電を購入したりしています。

 

ただ、気をつけなければいけないのは、クレジットカードによっては貯まったポイントをギフト券に交換する場合、還元率が悪くなる場合があります。

 

例えば、アメリカンエキスプレスで貯まったポイントをAmazonギフト券に交換する場合、2000ポイント→1000円分のAmazonギフト券と交換となります。

 

なので還元率が半分となるのです。

 

もちろん還元率がそのままの場合もあります。

 

JALカードだと、10000ポイント→10000円分のAmazonギフト券に変更することが変更することができます。

 

これはクレジットカード会社によって、還元率が違うので、今使っているクレジットカードを一度調べるといいですね。

 

貯まったポイントを電子マネーに交換する

 

あとは、貯まったポイントを電子マネーのEdyやSUICA等に交換して、コンビニや交通期間、飲食店等で使うことができます。

 

おそらくこの使い方が一番生活に役立つポイントの使い方だと思います。

 

最近だと、電子マネーが使えるお店が増えてきているので、貯まったポイントを電子マネーに変えることでコンビニや喫茶店等で、お金を使うことが少なくなります。

 

なので、コンビニに行ったらハーゲンダッツを大人買いしたりすることができますよ!笑

 

私がよく使うのは楽天カードで貯まったポイントをEdyに交換していますね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

クレジットカードを使ってポイントを貯めることで、タダで飛行機に乗れたり、ギフト券に交換して買い物したり、電子マネーに交換して飲食店やコンビニで使ったりすることができるので、生活に非常に役立ちます。

 

オススメのクレジットに関しては、転売でポイントがよく貯まりショッピング枠が多いオススメクレジットカード紹介!にも書いていますが、クレジットカードによってポイントが貯まりやすいカードや貯まりにくカードもあります。

 

自分にあったカードを調べてみるといいです。

 

クレジットカードで仕入れするのが怖いという方もいるかもしれませんが、正しい使い方をすれば資金ショートすることはなくクレジットカードの請求日までに支払いすることが可能です。

 

参考:転売でクレジットカードを上手く使い資金ショートさせないコツ!

 

是非、クレジットカード上手く物販で活用して、皆さんの生活に役立ててください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました